韓国

2020最新|NiziUマヤのプロフィールまとめ!演技・ダンス・歌唱力抜群!マヤの素顔を徹底分析

2020年09月19日更新
2020最新|NiziUマヤのプロフィールまとめ!演技・ダンス・歌唱力抜群!マヤの素顔を徹底分析

NiziU マヤのプロフィールを大紹介! 出典: niziu.com 名前:マヤ 本名:勝村摩耶(かつむらまや) ハングル表記:카츠무라 마야 ニックネーム:オンマ(엄마、お母さん)、カウル(가을、秋)、白鳥 生年月日:2002年4月8日 身長:非公表 体重:非公表 血液型:O型 星座:おひつじ座 出身地:石川県 趣味:絵を描くこと、スキンケア 事務所:JYPエンターテインメント ポジション:リードダンサー、サブボーカル 学歴:白山市立光野中学校 家族構成:父親、母親、兄 NiziU マヤの練習生期間は?虹プロに応募したきっかけは? 出典: twitter.com 中学生の時、「BACHIKA」というダンスグループで活動していたマヤ。

全国キッズダンスコンテストである「STARZダンスコンテスト」で2017年に優勝している実力者です。

また中学3年生の時、石川県で活動するアイドルグループ「Tiny Tony」のメンバーでした。

そして中学卒業後、YGエンターテインメント・ジャパンの練習生として上京。

1年間練習生として過ごしました。

その後、自分の良さや自分に足りない物を探していた時、Nizi Project(虹プロジェクト)のオーディションを知ります。

最後のチャンスだと思い応募した、とマヤはインタビューで答えています。

ニックネームはお母さん!世話好きでみんなを包みこんでくれる癒し系 出典: nisiu_artist_official メンバー内ではお母さんと呼ばれ、優しい性格のマヤ。

合宿所でもお休みの日には、メンバーに手料理を振る舞っているそうです。

メンバーのリオも悩みがあったらとりあえずマヤに相談するなど信頼されています。

虹プロの番組内でも他の子たちのパフォーマンスを笑顔で見守る姿が、視聴者たちの好感を集めました。

ちなみに同グループメンバーのミイヒやリクによると、落ち着いた見た目とは違い、おしゃべりでギャグセンスが高く皆を笑わせてくれる明るい性格だとか。

外見と性格のギャップも魅力ですね♡ NiziU マヤ虹プロでの活躍は?回を重ねるごとに増した存在感! 出典: blog.naver.com 番組当初の東京合宿では緊張からか実力を発揮できず、存在感がなかったマヤ。

J.Y.Park(パクジニョン)から顔が美しく女優顔だと褒められ、さらに表現力や演技力を絶賛され自信を持つように。

韓国合宿以降は黒髪にメイクを変えるなど大胆なイメチェンが話題になりました! これにはJ.Y.Parkも「別人みたいで、マヤを探してしまった」と驚いていました。

そんなマヤは、チームバトル・ミッションで初めてリーダーを務めた時、何をやったらいいかわからず、スランプになったと告白しています。

周りに支えられチームワークが強まり、披露したパフォーマンスでは、美しく感動的だったと高評価を得ることができました。

また韓国合宿での最終個人パフォーマンスでは、短所である小さい動作を完全に克服した圧巻のダンスにJ.Y.Parkが絶賛! 視聴者に驚きと感動を与えました。

最終順位5位、見事デビューが決まりました。

・マヤの順位まとめ パート1(地域オーディションから東京合宿編) ダンスレベルテスト12位 ボーカルレベルテスト12位 最終順位:3位 パート2(韓国合宿編) 個人レベルテスト4位 チームミッション1位(チームで) チームバトル1位(チームで) NiziU マヤ グループ内でのポジションは? 出典: www.instagram.com オーディション当初から、他とは抜きんでたダンスの実力の持ち主だったマヤ。

ダンストレーナーからも曲のイントロから引き込まれる魅力があると評価されています。

そんな高い表現力と演技力を生かしてチームでのポジションは、リードダンサーとサブボーカル。

また歌唱力も高く多彩な才能を持っているため、ポジションに縛られず、NiziUを支える存在として皆に愛されています。

NiziU マヤの韓国語力は? 出典: blog.naver.com 約1年間YG Japanの練習生だったというマヤ。

その頃から韓国語の勉強を始めていたため、Nizi Projectでも韓国語ができるメンバーに含まれていました。

ダンストレーナーも韓国語の聞き取りはほぼできていて、韓国語が上手だとコメントしています。

ずば抜けた表現力・演技力が輝いたNiziU マヤの紙芝居 出典: blog.naver.com パート1となる東京合宿では、ダンスもボーカルもレベルテストで12位と低迷していたマヤ。

そんな彼女が輝く表現力と演技力を発揮したのが、スター性テストのパフォーマンスでした。

スター性テストのミッションで、絵を描くのが得意なマヤは、自作の絵を使った紙芝居「みにくいアヒルの子」を披露。

感情をのせて読み聞かせました。

J.Y.Parkはマヤの魅力が最も発揮できたパフォーマンスだったと絶賛! 続けて「みにくいアヒルの子のように今まで辛かったことは?」と聞かれたマヤ。

オーディション直前に自分の夢を一番応援してくれていたおじいちゃんが亡くなったことで、夢を叶える姿を見せてあげたかったと泣きながら告白しました。

当時、観ていた視聴者たちにも感動を与えました。

そしてここから自信を得たマヤは、本領発揮していくことになったのです。

まとめ 出典: instagramお母さん NiziUのお母さんことマヤのプロフィールまとめ、いかがだったでしょうか。

ダンスに歌、絵など才能豊かなだけでなく、短所を確実に克服し、成長することをやめない彼女のひたむきな姿に心打たれた人も多いはず! これからのマヤの活躍が楽しみです。

キーワード

  • マヤ
  • NiziU
  • パフォーマンス
  • メンバー
  • ポジション
  • お母さん
  • ダンス
  • 演技力
  • 表現力
  • プロフィール
  • チーム
  • Park
  • 発揮
  • 練習