ニュース

販路をなくした生産者を、食べて応援! 地域活性化につなげるプロジェクト

2021年01月12日更新
販路をなくした生産者を、食べて応援! 地域活性化につなげるプロジェクト
2021年1月現在、いまだ事態が収束する兆しが見えない、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。 イベント、教育、飲食など、コロナウイルスはさまざまな方面に影響を与え、数え切れないほどの人々の仕事が立ち行かなくなるような事態に発展しつつあります。 そんな中、株式会社三越伊勢丹ホールディングスは、『食べて応援』をキャッチコピーに、食品生産者を支援する取り組みを開始しました。 全国の特産品をおいしく味わい、地域を活性化 コロナウイルスの影響により、多くの食品が行き場をなくしています。 三越伊勢丹ホールディングスが行う『三越伊勢丹ふるさと納税』では、行き場をなくした商品を、特別な...

キーワード

  • コロナウイルス
  • 三越伊勢丹ふるさと納税
  • 寄附
  • 応援
  • 返礼
  • 全国
  • 影響
  • ふるさと納税制度
  • プロジェクト
  • 感染防止強化
  • ウェブサイト
  • 支援
  • 食品
  • 状況
  • 募集